Amazon

Amazonの白抜きにはクリッピングマジックがすごく便利!(有料)

今回はじみ〜に便利な白抜き画像作成ツールを紹介します。

Amazonで新規カタログを作成するには白抜き画像の作成は避けては通れませんね。

僕は白抜き作業は全て外注に任せています。
昔はGIMPなどの無料ツールを各自ダウンロードしてもらって白抜きをしてもらっていましたが、
適当な人だとかな〜り汚い画像が上がってくる事や作業を難しく感じて辞めてしまう事もあったので頭を悩ませていました。

GIMP自体は便利なツールだと思いますが、相当単純な画像でない限り
簡単な作業でキレいな画像を作るのは難しいです。

かと言って白抜き画像の単価を引き上げてできる人にやってもらうのも微妙だと思ったので

今はクリッピングマジックというツールを使っています。

簡単すぎて説明をする必要もない程です笑

白背景にしたい部分をのペンを塗り、商品自体はのペンで塗ればだいたい
商品の境界線を判断してくれるので本当に手間がかかりません。

あと、他のツールで白抜きをする時は商品と白背景の境界線が結構ギザギザになったりするんですが、
クリッピングマジックはうまく境界部分を自動でボカしてくれるので不自然さがありません。

若干お金はかかりますが、何枚でも無料試すことができます。(ダウンロードはできません)

相当なPhotoshopやGIMPなどが難しいという方でもすぐに作る事ができます。

実際にやってみるとこんな感じで色を塗るだけで白抜き画像が作成できてしまいます。

参考にしてみてください^^

関連記事

  1. 中国輸入

    Amazonから『お取り寄せ』サービスの試験運用の案内が来た

    ふと、メールボックスを空けてみるとAmazonから【一般公開前限定…

  2. 中国輸入

    良いリサーチとは何か?

    昨日、新しくリサーチをしてもらっている外注さんにもっとレベルを上げ…

  3. Amazon

    Amazonアカウント乗っ取り詐欺に注意

    最近何かと巷で話題になっているAmazonアカウント乗っ取り詐欺事…

  4. Amazon

    無在庫販売撲滅か 〜Amazonに出品数制限がかけられる〜

    先日ブログにも更新をしたAmazonの出品数に制限がかけられる…

  5. 中国輸入

    在庫管理で役に立つコスパ最強の棚

    春節対策のためたくさん発注して、在庫をいつもより多く抱えてしまったため…

  6. Amazon

    Amazonの出品数に制限がかけられる

    知り合いから連絡があり、新しく作成をしたAmazonアカウントが「…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. その他

    PよりもD
  2. Amazon

    無在庫販売撲滅か 〜Amazonに出品数制限がかけられる〜
  3. ビジネス戦略

    僕が使っているタスク管理ツールを紹介します
  4. 中国輸入

    良いリサーチとは何か?
  5. 中国輸入

    僕が現地パートナーを選んだ3つの理由
PAGE TOP