中国輸入

Amazonより楽天やYahoo!の方が簡単に稼げるんじゃないかと思う

2月15日ぐらいから始まる旧正月に向けてたくさん仕入れた商品の
最後の中国からの便の出荷がようやく終わりました。

うちの場合はパートナーに代行を依頼しているので多少融通が効いて
通常仕入れができないような遅い時期でも対応してくれます。

最後の便は一気に6箱ぐらい出荷していていつも処理している量より多いので
福祉施設の入庫作業が問題なくできるか心配ですが、
僕も手伝ってなんとかトラブルなく終わらせたい所です。

話は変わりますが、僕は楽天をマジメに取り組み初めて約半年とちょっとぐらいなんですが、
結構なペースで売上を伸ばせているんじゃないかと思います。

もちろん上を見ればキリがないので『一般的なペース』と比べてですね。

前まで主にAmazonやヤフーショッピングで無在庫をやっていて
無在庫をやっていた理由はAmazonでマジメに在庫販売をしても
あまり意味がないからです。

売れている商品を見つけて、同じ物を仕入れて販売する
相乗りと呼ばれている稼ぎ方は稼ぐ事はできますが、
ライバルが増えるのも早いので
それなら無在庫をやった方が良いという判断でした。

最近は中国人のセラー参入していて中国人セラーはよく相乗りしてきますね。

最近Amazonで稼ぐ主流の方法は商品にタグ付けや本体に名入れをするOEMや、
オリジナルの商品を生産して販売する事です。

自社のロゴや名入れがある、もしくは仕入れする事ができないオリジナルの商品は
そのページに他社が参入できないので自分一人で売り続ける事ができるという訳です。

だけど、OEMやオリジナル商品の生産にはロット(最小の仕入れ単位)という物があって
ある程度まとまった個数の仕入れが必要で
商品や工場によってロットは変化しますが、1000個とか、
少なくても100個とかカラーやサイズが複数ある場合には
各カラーサイズ毎に数百個とかになる場合もあります。

他社と商品を差別化できるので有効な戦術ですが、
ロットがある分実践するのに抵抗がある人も多いのではないかと思います。

話は戻りますが、僕が楽天やYahoo!で販売している商品は
売れている物を見つけて同じ物を仕入れて販売する
Amazonで言う所の相乗り型の販売が多いです。

楽天は2年前ぐらいから契約自体はしていましたが、色々トラブルがあって
アカウントを寝かせていたため、なんとか活用してみようと思って
相乗り型の販売をしたのきっかけでした。

ヤフーショッピングは近年勢いを増していて

https://ecnomikata.com/ecnews/17799/

上の記事を見てもらうと分かる様に、
実際に販売している僕も売上が伸びている事を顕著に感じています。

昔は “おまけ程度のYahoo!ショッピング” でしたが、今は違うと思う。

Amazonでは仕組み上 ”同じような商品” である以上、同じ商品ページに
他社が参入できてしまう仕組みになっていて

購入者が簡単に商品の価格を比較できる事や
出品者がコストをかけずに出品できる(商品ページを作らなくても良いという事)
メリットがありますが、

反面、
同じページ上で販売されている商品でも品質がバラバラだし、(これは中国から輸入している商品がもろに悪影響を受けていると思う)
販売者にとっても他社がいい加減な商品を販売する事によって起こる
購入者の低評価 ⇛ 商品が売れなくなる事で
商品ページの寿命が短命で
安定した販売を続ける事が困難というデメリットがあります。

中国輸入のノーブランド製品は色んな工場から様々な価格で仕入れができて
価格も品質も多種多様なのに同じページで販売できるから

マジメにお客さんの事を考えて
良い工場から値段が高くて品質の良い商品を仕入れている人が
損をしてしまう仕組みになっているんです。

 

楽天やYahoo!ショッピングはそれぞれの店舗の商品ページで販売するので
Amazonみたいなマジメな店が損をする事はなく
評価が良ければ売れ続けている事を実感しています。

もちろん品質が良いものを提供しないといけないので検品などをする必要があったり
自分で商品ページを作る必要もあって、多少手間がかかる部分はありますが、

手間をかけた分だけのリターンがあります。
Amazonでの相乗り販売に慣れていると気付かないかもしれませんが、
そもそも、検品をするとか商品ページを作るとかは
当たり前の話だと思った方が良くて

むしろAmazonでの相乗りの販売で手間がかからない方が
特殊だと思った方がいいです。

自社のオリジナル商品やOEM商品を販売するにしても
当たり前ですが、品質が悪いと売れ続けないですし、
ページも作る必要があります。

Amazonには全ての商品ページにはランキングの記載があって、
どれだけ売れてるか?はある程度推測する事ができますが、

楽天やYahoo!は商品ページにランキングの記載はなく
ランキングから売上を推測する事は難しいです。

しかし、売上を推測する方法はランキングだけではなく
商品レビューから推測をする事ができます。

商品にもよって異なりますが、目安として
商品レビューは30人に1人がつける物だと考えてください。

そうすると大体月に何個ぐらい売れているかを予測する事ができます。

レビューが安定して長期的についている商品であれば
売れている商品だと判断して仕入れをする事ができます。

例えば安定的に月3個レビューがついているとかでもいいと思います。
他にも直近30日でレビューが5個以上ついているとか

そういった目安を自分の中で作ってリサーチをする事で
ほとんどAmazonと変わらないリサーチができます。

楽天やYahoo!ショッピングでの販売している情報を
発信している人はそう多くないと思いますが、

情報が少ない事こそライバルも少なくて稼ぎやすいかと思います。

 

関連記事

  1. ビジネス戦略

    5のつく日は売上2倍!!

    向井です。先日ヤフーショッピングの一日売上が8万円をこえた…

  2. 楽天

    楽天、ヤフーの複数店舗運営について

    Amazonが複数のアカウントを作って販売をする事が禁止なのは多く…

  3. 中国輸入

    ヤフーショッピングの一日の売上が8万突破!!

    どうも、向井です。Amazonや楽天と比べるとあまり認知度のな…

  4. 中国輸入

    もうすぐ旧正月

    いよいよ、中国の旧正月(春節)が近くなってきました。旧正月以外…

  5. 中国輸入

    いつまでもリサーチで躓くな

    リサーチって慣れていないと中々難しいですよね。実は今日、eba…

  6. ビジネス戦略

    僕が使っているタスク管理ツールを紹介します

    何か役立つ記事を書きたいなーと思い、エクセルの便利な関数を紹介しよう!…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 中国輸入

    ヤフーショッピング 低評価による罰則は検索順位の低下
  2. 中国輸入

    Amazonより楽天やYahoo!の方が簡単に稼げるんじゃないかと思う
  3. 中国輸入

    二八の法則
  4. 中国輸入

    タオバオ、アリババの値下げ交渉でどれくらい安く仕入れができるのか?
  5. Amazon

    Amazonの出品数に制限がかけられる
PAGE TOP