Amazon

世界中から仕入れができる

楽天の担当が開催する楽天の出店者15人程で開催する
クローズドな勉強会に参加してきました。

普段、セミナーや勉強会という類の物に参加をする時は
ほとんど個人(組織だとしても小さい)でやっている方が
多いのですが、

今回の勉強会では会社として楽天を運営をしていて
その写真さんなどが参加をされている形でいつもとは
ちょっと違う感じの新鮮さがありました。

そして久々にガッツリと名刺交換をした訳ですが、
普通僕らが参加する様なセミナーでは名刺交換とかしませんよねww

そんなに名刺が増えても使う事ないでしょw
と内心思ってましたが、まあこれが普通なんですもんね。

参加者には国内でランドセルを作っている会社や
有名ではないですが、地元では高校生の時の時に
この店行った事ある!みたいな会社
ブランド品を仕入れて楽天で販売している会社など
様々な業種があり、

中でも気になったのはノーブランド品の海外製品を扱っている会社

僕らの様な中国から輸入をしているタイプのノーブランド品ではなく
例えば中国以外での国、ヨーロッパ圏などでノーブランドの高品質な革製品を
買い付け、輸入して楽天で販売している様な業態

これは楽天のお客さんが品質にこだわる傾向があると思うので
その他のモール(Amazonなど)では通用しない販売方法な気はしますが、

こと、楽天で販売する事においては面白いやり方なんじゃないかと。

そして実店舗にも卸しをしているようなので
楽天以外のモールに販売できなくても卸しで補う事ができます。

中国だけにこだわる事なく世界に目を向けてビジネスを展開していきたいですね!

では

関連記事

  1. Amazon

    無在庫販売撲滅か 〜Amazonに出品数制限がかけられる〜

    先日ブログにも更新をしたAmazonの出品数に制限がかけられる…

  2. 中国輸入

    二八の法則

    2月に入り、ずっと上り調子だった売上にも陰りが見えてきました。…

  3. 無在庫

    Amazon出品数制限の解除

    こんにちは輸出用にAmazon.comのアカウントを取得してい…

  4. ビジネス戦略

    僕が使っているタスク管理ツールを紹介します

    何か役立つ記事を書きたいなーと思い、エクセルの便利な関数を紹介しよう!…

  5. 中国輸入

    作業の仕組み化、標準化

    物販のビジネスで今よりも、もっと売上を伸ばしていく事を考える時物販…

  6. 中国輸入

    Amazonから『お取り寄せ』サービスの試験運用の案内が来た

    ふと、メールボックスを空けてみるとAmazonから【一般公開前限定…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 中国輸入

    いつまでもリサーチで躓くな
  2. ビジネス戦略

    マインドマップを使った業務の可視化
  3. 中国輸入

    中国輸入無在庫販売について
  4. ビジネス戦略

    5のつく日は売上2倍!!
  5. Amazon

    Amazonの出品数に制限がかけられる
PAGE TOP