中国輸入

タオバオ、アリババの値下げ交渉でどれくらい安く仕入れができるのか?

最近価格交渉にハマっていますw

うちの仕入れの中国人パートナーに価格交渉を頼んでも良いのですが、
イマイチ満足な結果が出ないので自分でやってしまえ!

という事で、

中国語は全く分かりませんが、直接店に価格交渉を仕掛けました。

店舗とのやり取りをする方法

店舗とのやり取りは WeChat でできます。
PC版でログインをした方が翻訳とか色々便利なのでスマホじゃない方が良いですね。

WeChatをダウンロードしている状態でタオバオやアリババについている
画像の青いやつ(笑)をクリックすると自動的に
店舗とのチャット画面が表示されます。

アリワンワンというキャラクターらしいですね。


タオバオの場合は画像の部分にアリワンワンがいますが、
店舗によっては上の部分(ヘッダーらへん)にいる事もあります。

これで直接担当に話を誰でもする事ができます。
日本人の場合タオバオやアリババで決済をする事はできませんが、
メッセージを送る事は一度できてしまえば簡単ですね。

使用する翻訳サイト

今までに何度かやり取りをして思ったのは
Google翻訳は相手に意味が伝わらない事が多かった。

日本語を中国語に訳す際はWeblioがオススメです!

中国語を日本語に訳す際はWeblioとGoogle翻訳を併用しています。

値引き交渉の成果

  • まずは通常45元でタオバオで出品されている売れ筋商品Aの交渉を行った結果

・・・

交渉後36元に値下げ(ロットは30個)

 

  • 通常26元でアリババで出品されている商品B

交渉後20元に値下げ(ロットは90個)

 

ちなみに実際に店とやり取りをした一例はこんな感じ
※実際は中国語でやり取りしてますが、大体の日本語になおしてます。

【商品A 通常販売価格45元】

僕「こんにちは、この商品値下げできますか?」

店員「ごめん、無理です。」

僕「この商品は評判が良くて今後もずっと仕入れたいと思っています。30元にしてもらえませんか?」

店員「うーん、無理です。」

僕「御社の商品は品質も良くて人気で大変気にいっています。安く仕入れできればたくさんの購入が見込め
もっとたくさん御社から仕入れをする事ができます。御社にとってもメリットがあると思います。」

僕「この商品は他の店舗でも購入しましたが、御社の品質が一番良かったです。
お客さんの評判も良かったです。
僕は日本で卸もしているので今よりも飛躍的に仕入れの数が増えると思います」

店員「店長に繋ぐから待ってて」

店長「30元では利益が出ないので値下げできないですね」

僕「わかりました、30個買うので35元にしてもらえますか?」

店長「36元なら大丈夫です」

僕「わかりました、ありがとうございます!」

 

意外と手応えはあって今後ずっと仕入れ続けたいという思いを伝えると
相手も受け入れてくれる事も多いかと思います。

値下げができれば、価格を下げれる

価格を下げれば売上を上げる事ができます。

そしてライバルより優位に立つ事ができます。

一度やってみると簡単にできる方法なのでぜひ試してみてください!

関連記事

  1. 中国輸入

    特約ゆうメールの裏話

    ちょっと今日はダーティーな話を。AmazonのFBAが普及して…

  2. 中国輸入

    僕が現地パートナーを選んだ3つの理由

    向井です。中国から商品を輸入をするためには、代行業者や現地…

  3. 中国輸入

    良いリサーチとは何か?

    昨日、新しくリサーチをしてもらっている外注さんにもっとレベルを上げ…

  4. 中国輸入

    中国輸入無在庫販売について

    向井です。物販ビジネスを始めてはや3年が経ちました。今…

  5. 中国輸入

    Amazonより楽天やYahoo!の方が簡単に稼げるんじゃないかと思う

    2月15日ぐらいから始まる旧正月に向けてたくさん仕入れた商品の最後…

  6. 中国輸入

    Amazonから『お取り寄せ』サービスの試験運用の案内が来た

    ふと、メールボックスを空けてみるとAmazonから【一般公開前限定…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 中国輸入

    ヤフーショッピングの一日の売上が8万突破!!
  2. 中国輸入

    在庫管理で役に立つコスパ最強の棚
  3. 中国輸入

    僕が現地パートナーを選んだ3つの理由
  4. Amazon

    Amazon出品数制限についてテクニカルサポートに問い合わせ
  5. ビジネス戦略

    クラウドソーシングで100人以上の外注募集をして思う事
PAGE TOP