中国輸入

Amazonから『お取り寄せ』サービスの試験運用の案内が来た

ふと、メールボックスを空けてみるとAmazonから
【一般公開前限定のご案内】 となんだかソソられる件名のメールが

内容はお取り寄せ販売をの試験サービルを受けてみないか?との事
要するに無在庫販売が大々的にOKですよ!って内容ですね。

このサービスでは通常、出荷前のキャンセル率2.5%の所を20%までOK

ただし・・・

やるなら無在庫で1万SKU出品してね!!って事でした。

前々からAmazonがお取り寄せ販売を開始する事は聞いていました。
(確か米Amazonではもう開始されてたんだっけな?)

ついに日本に上陸する前のテスト段階という訳ですね。

まあ、こんなメールをAmazonさんから頂けるのは嬉しい訳ですが、
どれくらいの人に案内が送られているのでしょうか?

Amazonでは基本無在庫のスタイルで販売をしているから
認められたのかな?とか思いつつ、今は春節で仕入れも出来ない時期だし

うちの無在庫スタイルは商品数多くないので1万SKUはな・・
と少し難しい感じ

ただ、そう遠くない内に公式に無在庫販売が可能になるという事は大きな変化ですね。

お取り寄せ販売を駆使したノウハウなども新しく出て来るかもしれません。
この機能が公開された時、全てのセラーが使えるのかそれとも
一部の認められたセラーだけが使えるのかなんとも言えませんが

なんとなく一部の人しか使えない機能になってしまう気もしますね。

Amazonのアカウントは新しい物ほど不利にできています。
新しいアカウントは出品数に制限がかかっていたり
今からアカウントを作って出品に制限のあるカテゴリーを
出品できる様にするには昔と比べて一苦労します。

他には謎の審査とかも入ったりする気もしますし。

とにかく言える事はAmazonのアカウントは早く作っといた方が良いという事ですね。

先日も米Amazonのアカウントを作ろうとしたら本人確認が必要でした。

今本人確認をしてアカウントを作ったら日本のAmazonと
紐づく可能性もあるので万一の事も考えてそれはムリ

Amazonに限らず、もっと言えばアカウントに限らず
早く行動する事は大事な事です。

悩んでいる時間があるなら即行動をするべき
特にネットの変化は早いからすぐに取り残されてしまいます。

では

関連記事

  1. Amazon

    Amazon出品数制限についてテクニカルサポートに問い合わせ

    ユウキです。昨日問い合わせをしていた、出品数制限についての回答…

  2. 中国輸入

    僕が現地パートナーを選んだ3つの理由

    ユウキです。中国から商品を輸入をするためには、代行業者や現…

  3. 中国輸入

    楽天とヤフーショッピングを使った中国輸入開始から1年半で年商7000万円を達成した方法

    もう2018年も終わりですね。去年の2017年5月から楽天の出店を…

  4. 中国輸入

    楽天、ヤフーで今期の売上最高記録を更新

    気づけば12月。もう今年もラストスパートですね。ここ数年の1年…

  5. Amazon

    Amazonアカウント乗っ取り詐欺に注意

    最近何かと巷で話題になっているAmazonアカウント乗っ取り詐欺事…

  6. 物流

    無在庫中国輸入で稼げない人は直送するな

    無在庫中国輸入は在庫を持たずAmazonなどで出品をし、売れたら仕…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ビジネス戦略

    2019年の抱負
  2. ビジネス戦略

    生産性を高めるためのタイムマネジメント
  3. ビジネス戦略

    梱包発送の作業を障害者施設に依頼
  4. 中国輸入

    【中国輸入】輸入・販売してはいけない禁止商品
  5. 中国輸入

    楽天とヤフーショッピングを使った中国輸入開始から1年半で年商7000万円を達成し…
PAGE TOP